リフレコ 効果の実験結果

尿石に対する「尿石付着防止剤・原液」の効果

試験目的

弊社の「尿石付着防止剤・原液」の実際に付着している尿石に対する有効性を確認する。

試供サンプル

実際に男性便器に付着している尿石を収集する。最大片(約53㎜×42㎜)にカットする。

サンプル試験
  1. X線分析室(同志社大学理工学部)にて、X線回折法により採取した尿石の結晶物質の分析を行い、これらの結晶物質の構造特定を行った。
  2. 尿石付着防止剤に使用されている主成分の原液を使用して尿石自体の変化を目視にておこなった。

 

試験目的

試験〔Ⅰ〕 X線回折装置、理学電機 RINT~2000型。

  • X線発生装置(定格容量2kW)、管球(Cu)。
  • 防X線カバー、送水装置、計数回路及び検出器。
  • コンピュータ(制御及びデータ処理用)語。
  • ゴニオメータ(水平型および薄膜用、モノクロメータ付き、θ~2θ制御)。
  • パルス駆動ゴニオメータ、オートチェンジ式スリット。
  • 設定再現性±0.001゜(2θ)、測定範囲−60゜~+158゜。
  • 自動セッティング標準装備、ゴニオメータ薄膜用回転試料台。
  • モノクロメータ、θ駆動範囲−10゜~+90゜。

上記の条件にて、回折を行う。

試験〔Ⅱ〕 原液に対する、尿石自体の経時変化を調べる。

  • 500ccビーカーに、採集した尿石を判り易い様に切片(約53㎜×42㎜)にカットしたものを入れる。
  • 2gの原液を尿石に万遍無く注ぎ(1gでは、尿石が濡れた所と濡れてない所がある為)、1時間後に水を300cc、ビーカーに注いだ。約1分後、ビーカー内の尿石を捨てる事のない様にして水をトイレに流して処分する。
  • 上記の手順を午前9時~午後6時までの9時間、1時間毎に繰り返し行い、最後は水を捨てた状態で翌朝まで放置する。
  • 翌日が休みの場合は、前日に水を捨てたら、その後に原液2g滴下する。
    《試験は(株)兵庫分析センターのアドバイスを基に行った》

試験期間  平成18年9月8日(金)~12月27日(水) 110日間

試験結果

試験〔Ⅰ〕
分析チャートを参照。大学にあるライブラリーより、38件の検出相をソートした。結晶配列のパターンがハイドロキシ・アパタイト*と類似する事から、分析した結晶物質はハイドロキシ・アパタイトを主成分としたものである事がわかる。他にもフルオロ・アパタイトも検出されている。

アパタイト* = 元々は鉱物の一種であり、燐酸カルシウム(Ca3(PO4)2)とフッ化カルシウム(CaF2)の合わさったもの(複塩)であり、Ca10(PO4)6F2なる化学式をもつ。骨や歯は、燐酸カルシウムで出来ているといわれているが、正確にはアパタイト構造をとっており、ハイドロキシ・アパタイトは鉱物アパタイトのフルオロ基(F基)がOH基に置き換わったもの(Ca10(PO4)6(OH)2)であり、骨や歯の主要無機成分である。鉱物アパタイトの方はフルオロ・アパタイトで、薄い酸に対する溶解度が小さく溶けにくい性質がある。


試験〔Ⅱ〕
尿石の経時変化(尿石の寸法の変化)と写真を下記の通りに掲示する。

img_refreco_experimentation_012

【スタート時】
リフレコ効果の実験写真スタート時
写真A)左:原液 右:2gの原液を滴下して水をいれた。
 
リフレコ効果の実験写真スタート時
写真B)尿石の寸法(約53㍉×42㍉)を整えてスタート。
【約30日後】
リフレコ効果の実験写真約30日後
写真C)尿石の形状の変化は見られない。
【約45日後】
リフレコ効果の実験写真約45日後
写真D)この時点でも尿石の変化は見られない。
【約60日後】
リフレコ効果の実験写真約60日後
写真E)周辺に尿石の一部がばらける。
【約75日後】
リフレコ効果の実験写真約75日後
写真F)ばらけているのが確認できる。
【約90日後】
リフレコ効果の実験写真約90日後
写真G)尿石が柔らかくなり砕けてきた。
リフレコ効果の実験写真約90日後
写真H)左:原液 右:2gの原液を滴下して水を入れた。別アングルから捉えた尿石の状態。
【約110日後】
リフレコ効果の実験写真約110日後
写真I)さらに砕けてきている。
リフレコ効果の実験写真約110日後
写真J)別のアングルからの撮影。
【近影:H19.01.11】
リフレコ効果の実験写真平成19年1月11日
考察:尿石の「薬剤」に対する有効性は、写真の様に時間をかけながら少しずつ尿石の構造体の中心に浸透していくことで、尿石を柔らかくすると共に尿石を作る構造体(アパタイト構造)を一枚一枚剥離させる様に表面層から砕いていくことにある。そして、最終的に尿石はバラバラと崩れて溶けていくという事が確認できた。