香りのご質問をいただきました。

香りに関するご質問

こんにちは!
今回は弊社にいただいたご質問と回答をご紹介します!

『いつも楽しく読ませてもらってます。
今日は質問があってメールしてみました。
先日、たまたま読んだ漫画の主人公が香りを自在に調合し、人の記憶を消したり、眠らせたりしていたのですが、これは実際に可能なことなのでしょうか?ムリですよね??
よかったら教えてください。』

ご質問ありがとうございます!お答えいたします。

記憶を“消す”というのは聞いたことがないのですが、香りによって記憶が呼び起こされることはございます(メディア等で見聞きされたこともあるかと存じます)。これは、脳における、人の記憶を司る箇所と嗅覚とが密接に結びついているからだそうで、この効果を認知症や記憶喪失の治療に役立てようとする試みも行われております。

また、「眠らせる」という点に関しましては、瞬発的な作用ではないのですが、安眠効果(リラックス効果)を持つとされる香りはいくつもございます(例えば、ラベンダーやカモミールなどです)。

なお、サスペンスなどで、クロロホルムを嗅がされた人間が瞬時に気を失うシーンを見かけることがありますが、実際に気を失うには、“相当な量”を“数分以上”嗅ぎ続けなければならないそうです。つまり、現実的には嗅がされた側に『気を失おうとする意志(協力)』がなければ、『クロロホルムなどの薬品を嗅がされて気を失う』シーンは成り立たないようで、この検証が報じられて以降、そのような演出は急速に減ったという記事も目にしました。

ちなみに、このような麻酔作用のある薬品を多量に吸い込んだ場合には、気絶だけでは済まず、内臓や脳への傷害を引き起こすこともございますので、そういった意味では、記憶が消されてしまうこともあるかもしれません・・・。

但し、申し上げました見解は“現時点”での技術などに基づくものですので、香りや化学の可能性を考えると、将来的には漫画の内容が実際に出来るようになるかもしれませんね。

香りは奥が深いものです。
ご質問がございましたらぜひご連絡ください!

香りに関するご質問02