【香り】の活用方法

香りについて

最近、演出の1つとして【香り】を取り入れたエンターテインメントや
アトラクションが増えつつあります。

例えば、映画における「4DX」。
これは、視覚的に飛び出して見える、いわゆる「3D」の効果に加え、映画のシーンに
連動して座席が振動したりミストが噴射されたりと、映画を体感できる上映システムです。
その演出の中には「香り」も含まれており、シーンを盛り上げる上で
重要な要素の1つとして認識されていることが伺えます。

また、ディズニーランドやディズニーシーにおいても、アトラクションの演出に
香りが取り入れられています。
『プーさんのハニーハント』では、プーさんがハチミツに囲まれるシーンや、
アトラクション周辺で「ハチミツの香り」が漂っています。
『シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジ』では、
猿たちがバナナに囲まれて宴を楽しんでいるシーンと連動して「バナナの香り」が流れています。

香りの演出を取り入れることで、映画や遊園地の物語の世界に
より深く入り込んでいくように考えれらているのでしょう。

「嗅覚」は、五感の中でも特殊な存在です。
他の感覚は、視床や大脳皮質を経て大脳辺縁系へ到達しますが、
嗅覚だけは嗅神経から直接、大脳辺縁系へ繋がっています。
そのため、嗅覚よって思い出される記憶は、他の感覚刺激によって思い出される記憶よりも
より鮮明でより感情的であると考えられています。

弊社でも芳香剤をはじめとする【香り】を活用した製品を多数送り出してきました。
『エアーフローラ』
乾電池でファンを駆動させ、よどみない気流で香りを拡散する芳香機です。
シトロンソーダ、オレンジ、グレープフルーツ、アップル、ピーチ、
森林浴、森の息吹、キンモクセイ、ジャスミン、ソープ、古都など、
豊富な香りのバリエーションを取り揃えております。(全28種類)

記憶や心に働きかける【香り】。
上手く取り込み、より楽しく、気分よく、爽やかに毎日を過ごせるといいですね。

4dx005